吾唯足るを知るブログ

naguradou.exblog.jp ブログトップ

「できる人」はどこがちがうのか

「できる人」はどこがちがうのか (ちくま新書)

斎藤 孝 / 筑摩書房



上達の秘訣を「コメント力」「段取り力」「まねる・盗む力」の視点からゲーテ、棟方志功や徒然草などを引用し解説した1冊です。

以下エピローグより一部抜粋

「礼記」の言葉に「小人閑居して不善をなす」ということばがある。器の小さな凡人は、暇ができるとおとなしくしているのではなく、むしろよくないことわするということだ。

なぜ小人は閑居すると不善をなしてしまうのか。それは何よりも、暇になって余ったエネルギーの使い方がわからないからだ。

そのうえ急に暇になったときは、ふと気が緩んでしまう。暇であればおとなしくしている手もあるが、そこは小人の悲しさ、泰然自若としていることができずに動いてしまう。
はっきりした目的意識があって動くわけではないので、ふとした気の弾みから動いて、結果として不善をなしてしまうことが多くなる。

院内図書に追加しましたのでご興味のある方はご一読ください。
[PR]
by naguradou | 2012-03-12 08:35 | 良書
line

名倉堂接骨院を愛してくださるファンのみなさまへ・・・


by naguradou
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31