吾唯足るを知るブログ

naguradou.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

久々のラウンドで兵庫県へ

今朝は6:30に自宅を出発し、名神、中国道を経て一路兵庫県にあるダンロップゴルフコースへ。
中国道の渋滞を考え、少し早目に出ましたが渋滞もなくスムーズに到着しました。

午前中は8:30スタートで薄日もさして、最高のゴルフ日和でした。

d0174624_17491290.jpg

写真はINコース、15番ホール351ヤードのPAR4です。

昼食は長崎ちゃんぽんです。海鮮、野菜がたっぷり入っており身体はポカポカになりました。
d0174624_175481.jpg


午後からは、レインウェアーを着て冷たい雨の中のラウンドになりました。吐く息は白く、山を観ると少しずつ紅葉も始まっており、季節の移ろいも感じられ充実した1日でした。

今日の格言、「ゴルフはカップに近づく程、難しくなる。」
[PR]
by naguradou | 2010-10-31 18:06 | ゴルフ

MPS+冷え性

最近のささやかな楽しみは、入浴剤(バブ)を入れたお風呂にゆっくりと浸かることです。

以前は、仕事が終わり帰宅後に即、ビール!でしたが、ここ数日の寒さで足先が冷えてきた為に生活習慣を見直しました。

生活習慣を変えるというのは大変なことで、人生を変えると言っても過言ではないと思います。

頭で考えず、身体がスムーズに動けば習慣付いたと言えますが、私はまだ頭がビール!なので多少時間がかかりそうです。


久しぶりに来院された50歳代の女性患者さん。主訴は歩行時や正座時、階段を昇る際の足の甲の痛みです。

触診していくと、ふくらはぎとアキレス腱が非常に硬くなっており、足関節の動きも悪くなっておられました。

ふくらはぎ~足指先はとても冷たく、お話を伺うと極度の冷え性ということでしたので、MPSと冷えの関連性についても少しお話させていただきました。

治療後は踏み台を階段にみたてて、昇降運動をしていただくも痛みの再現はありませんでした。

MPS(筋・筋膜性疼痛症候群)は不自然な姿勢、使いすぎ、ケガ、精神的ストレス、疲労、冷えなどの要因が
複雑に絡み合い、血流量を低下させてトリガーポイントを発生させます。

d0174624_14393089.jpg

[PR]
by naguradou | 2010-10-30 14:41 | 痛み

12月からトリガーポイント・エクササイズが始まります

トリガーポイント・エクササイズの詳細が決まりましたので、まずはブログでお知らせします。

※トリガーポイント・エクササイズってどんなもの?
自分の身体を使ってマッサージをしたり、ストレッチや等尺性収縮をしたり、テニスボールやストレッチバンド等のアイテムを使いながら行う”無理をしないで” ”誰でも出来る” ”頑張らない”エクササイズです。
エクササイズを行うことにより、自分で痛みや不定愁訴をコントロール出来るようになりますので、気持ちに         余裕が出来て前向きな気分になります。                                                                                                                             ※トリガーポイント・エクササイズの特徴                                                   トリガーポイント・エクササイズは、従来のさまざまなエクササイズの欠点を補って組み立てられています。  
「ヨガ」 「ストレッチ」 「自力整体」などさまざまなエクササイズがありますが、トリガーポイント・エクササイズは次の6つの欠点を補うことができます。
1.短縮痛・収縮痛という視点
2.ストレッチをしても効果が出ない筋肉や、逆にトラブルを起こす筋肉がある。
3.筋肉のトラブルを画一的に捉えている。
4.MPSの関連痛の視点
5.MPSの自律神経現象の視点
6.痛みには心理・社会的要因が絡んでいるという視点

※トリガーポイント・エクササイズの内容                                                   トリガーポイント・エクササイズは次のような要素で組み立てられています。                            1.全身のリンパ液循環の改善
2.キー領域(治癒力の低下をもたらす関節のブロック)を弛める。
3.全身のバランス調整(前後軸、左右側屈軸、回転軸)
4.四肢の筋肉を弛める。
5.骨盤周囲の筋バランスの調整
6.内臓機能の回復

※エクササイズの時間や費用など
・毎週水曜日、土曜日の2回開催します。
・時間は各曜日、14時スタート
・エクササイズは約1時間(エクササイズの内容により多少変わります)
・費用は1レッスン、1000円
・スペースの関係上、定員数は各曜日5名様の予約制です。
・各自バスタオルを1枚お持ち下さい。

11月24日(水)、27日(土)の14時から、無料体験レッスンを開催します!

各曜日、定員5名様です。メールかお電話でご予約して下さい。

[PR]
by naguradou | 2010-10-29 07:00 | お知らせ

タオー老子

Tao(タオ) 老子
江原鍼灸整骨院 漢(おとこ)のブログ

タオ―老子 (ちくま文庫)

加島 祥造 / 筑摩書房



漢(おとこ)のブログを読ませていただき、感動したので早速購入しました。

世間が 頭のいいやつを褒めるもんだから ひとはみんな利口になろうとあくせくする。

金や宝石を大事にするから盗人がふえる。

世の中が生きるのに必要のないものまでやたらに欲しがらせるから みんなの心がうわずってしまうんだ。

だから道(タオ)につながる人はあれこれ欲しがる心を抑えて 飯だけはたっぷり喰う。

野心のほうは止めにして 骨をしっかりこしらえるんだ。

みんなが無用な情報や余計な欲を持たなければ ずるい政治家や実業家だってつけいる隙がないのさ。

そうなんだ、無用な心配と余計な欲をふりすてりゃあ けっこう道はつくもんだ

行き詰ってもーーー

第3章 飯だけはたっぷり喰うより引用

常に、かくありたいものです。院内図書に追加しましたので、興味のある方はご一読ください。
[PR]
by naguradou | 2010-10-28 08:47 | 良書

チャップマン反射を利用したセルフトリートメント Vol. 6

昨日から、日中の気温もグンと下がりました。体調管理には充分にお気を付けください。

さて、今回は6回目のセルフトリートメントをご紹介します。

【症状】
 顔のむくみ、首のむくみ、神経過敏、頻脈

d0174624_8382187.jpg


【トリートメント法】
赤いペイント部分のゴマ粒~米粒くらいのシコリを指先で円を描くように優しく、小さく”くりくり”します。(数秒間)

【注意事項】
・トリートメントは強くしないでください。弱い刺激で神経の反射弓は充分に反応します。

・結果が出ないからと直ぐに諦めないでください。症状改善までやり続ける事が大事です。

・あまりにも症状が改善しない場合は当院の特別治療の受診をオススメします。
[PR]
by naguradou | 2010-10-27 08:42 | セルフトリートメント

歯みがきのように腰みがき

京都新聞 10月26日朝刊より抜粋

歯みがきのように毎日「腰みがき」 慢性腰痛に効果


腰痛は日本人の最も身近な症状だ。通院率も高血圧に次ぐ。高齢者ほど多い。「慢性腰痛が心配なら、正しい姿勢と手軽な運動で『腰みがき』をしよう」と、白土修・福島県立医大会津医療センター準備室教授(整形外科)が提唱している。



 腰みがきは軽い運動を日常生活に取り入れ、長続きさせようとする造語。腰への負担を減らし、腹筋や背筋の持久力を維持するのが狙い。「骨と関節の月間」の10月を前に日本整形外科学会が東京で開いた会見で白土教授が普及を訴えた。


●キーワード


 腰痛の原因はさまざま。がん骨転移や感染、骨折などで原因がはっきりしていれば、それをまず取り除かねばならない。ぎっくり腰など急性症状も特別な治療が必要。これに対し、明確な原因が分からず、痛みが3カ月以上続くのが慢性腰痛で、腰痛の大半を占める。


 「慢性腰痛は生活習慣病の一種で、普段の運動が大事なことを分かりやすく伝えたい。人が毎日習慣にしている歯みがきと同じように、姿勢に気を付けて運動すればよいと頭に浮かんだ。腰痛の予防や治療では、腰みがきがキーワードになる」と白土教授は語る。


 腰みがきは日常的に腰のケアをする生活習慣で、姿勢と運動が2本柱。おなかに力を入れて背筋を伸ばすなどの姿勢に心掛け、1日数回、簡単な体操を勧める。その方法を白土教授は腰みがき10カ条で示している。


●薬より有効


 運動療法の効果は、日本整形外科学会などが2004年から05年にかけて全国92の医療機関に通院する201人(平均42歳)の慢性腰痛患者で確かめた。週に1回通院してもらって主治医が診察しながら、鎮痛剤だけの薬物療法と、毎日2回筋肉トレーニングやストレッチングの体操をする運動療法に分け、8週間後の治療成績を比べた。


 痛みが治まる程度はほぼ同じだったが、腰痛に伴う機能障害や生活の質(QOL)の改善度では運動療法が上回っていた。これは日本人も運動を習慣化すれば慢性腰痛に有効なことを裏付けた。


 「背骨と腹筋、背筋はヨットの帆に例えることができる。強さとしなやかさ、協調性が求められる。毎日の腰みがきで無意識に、それが維持できればよい。散歩や水泳も勧めたい」と白土教授。


●ロコモ対策


 日本整形外科学会は、骨や関節、筋肉など、体を動かす運動器の機能低下で歩行障害が起きる症状を「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」と総称して予防啓発キャンペーンに取り組んでいる。腰みがきはロコモ対策の一環にもなる。


 同学会理事長の中村耕三東京大教授は「少し体を動かすだけで運動器を10年ぐらい若返らせることができる」と話した。運動は1日数回繰り返すことが重要。各10分間が理想だが、数分でも、いすに座ったままひざを抱えたり、背伸びしたりするだけで意味がある。痛くなったら無理せず、やめることも必要という。


 白土教授は「若いころから腰みがきの習慣を自然と身につけてほしい。毎日の運動で、背骨の周りの筋肉をバランスよく強くしておけば、高齢になっても腰痛を防げる」と話している。
                                                                                                                まずは、慢性痛症を作り出さない事が大前提であり、その上で、適度な運動は慢性腰痛や身体の不調に対して有効な手段です。

原因不明の腰痛、痛みに関してはMPS(筋・筋膜性疼痛症候群)で説明がつくものも多くみうけられます。
[PR]
by naguradou | 2010-10-26 10:06 | 健康情報

ラッキー鳥!?

先週のブログ、ラッキー犬で受付スタッフMさんの愛犬、力斗くんを紹介させていただきました。

そのブログを観た別の受付スタッフのNさんが、私の”うーちゃん”も紹介して下さい。と言う事なので・・・
d0174624_12322779.jpg


お喋り好きなうーちゃん(1歳)です!!大好物はNさんに似て、おかきです。そのほか、鏡や鈴も大好きみたいです。

ホーホケキョ、コケコッコー、うーちゃん、うーちゃんかわいい、名倉堂の院長先生カッコイイ(嘘)等をお喋りするみたいです。
d0174624_1237499.jpg


Nさんのブログです。URL貼らせていただきます、インコ好きな方はどうぞ!ちなみに私は焼鳥の方が好きです(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/mittun324
[PR]
by naguradou | 2010-10-25 12:49 | 院内風景

現状維持では後退

うつ病 運動療法が効果 薬効きにくい人も改善 再発率低く

http://eba2005.exblog.jp/tb/15335464
江原鍼灸整骨院 漢のブログ

慢性痛や不定愁訴の患者さんは積極的に身体を動かしたり、運動をしたりすると痛みが強くなると思い込んでいたり、日頃、ほとんど運動をしない方がおられます。

例えば、大腿部(ふともも)の筋肉では20代を100%(ピーク)として、普段通りの生活を続けていても筋肉量は1年で1%減少し、積極的な安静状態では1日で0.5%減少がみられます。
現状維持では後退の一途です。

中年期以降からの運動は禁煙するのと同等の延命効果も期待できるという報告もあり、適度な運動は身体に不可欠なようです。

運動は慢性腰痛の治療と腰痛の予防に有効である。(European Cost 2004)
当院も12月より、日常の施術に加えトリガーポイントエクササイズを導入します。

水曜日と土曜日の週2回、約1時間のエクササイズを予定しています。是非、ご参加して下さい!!
[PR]
by naguradou | 2010-10-24 08:16 | 健康情報

ラーメン 大ちゃん

京都・洛西の境谷大橋東詰にある、ラーメン 大ちゃん

スープは豚骨ベースの醤油味。少し濁って見えますが、アッサリとしていて黒胡椒がスープ全体を程よく引き締めています。

麺はストレートな細麺。柔らかく、スープとの相性も抜群です。

チャーシューはしっとりとしていて柔らかく、味付けもしっかりとしています。

醤油ラーメンの他にも塩ラーメン、味噌ラーメン、餃子などがあります。

d0174624_17493942.jpg


                              醤油ラーメン(並) 710円
[PR]
by naguradou | 2010-10-23 07:00 | グルメ

アドラー心理学

アドラー心理学 トーキングセミナー―性格はいつでも変えられる (マインドエージシリーズ)

野田 俊作 / アニマ2001



トリガーポイント研究所ラムサグループ代表の佐藤 恒士先生にご紹介していただいた1冊です。

アドラー心理学は、アルフレッド・アドラー(Alfred Adler)が創始し、後継者たちが発展させてきた心理学で、本書はアドラー心理学上級セラピストの野田 俊作先生が一問一答形式で綴られています。

3部構成になっており、大変解りやすく勉強になる良書です。

【第1部】 性格
※自分を変えることは可能なんですか?

※そもそも「性格」とは何ですか?

※性格という”辞書”はどのように作られるんですか? etc

【第2部】 共同体
※個人と集団はどんな関係か?

※無意識的なルールとは何ですか?

※共同体感覚とはどんなものですか? etc

【第3部】 治療
※グループ療法とはどのようなものですか?

※感情はどうすれば処理できますか?

※なぜ瞑想が必要なんですか? etc

ご興味のある方は、院内図書に追加しましたのでご一読ください。
[PR]
by naguradou | 2010-10-22 08:58 | 良書
line

名倉堂接骨院を愛してくださるファンのみなさまへ・・・


by naguradou
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー